ワンズブログ メンバー投稿 五歩目「演じる事」

社会に向けた目標のひとつ自信回復

定期的に出勤ができるようになるまで二か月間

市民でつくる演劇に参加をさせてもらった。

映画の世界や歴史が好きで少しでも興味のあることに

取り組んでいたかった。

独りで過ごすと過去の出来事が突然襲ってくる。

この時間から逃れたいと思って、何かに没頭したいと

おもった。

演劇経験はない。

あったとしても小中学校での「ごっご遊び」や

文化祭などの発表会、大学講義でのロールプレイ程度。

声の出ない私にとって、「表現する場」である

演劇は無理な挑戦とも思えた。

演じることの表現の主は、言語の声に頼らず、

非言語を主とした表情や身体の動き。

声は出せなくとも、人とのやりとりはYES・NOは、

首を降る、手をあげるなどで叶う。

演じる場にも社会と同じくあるルール。

演じる者同士が共有するルールは相手を信じることで

暗黙の了解となる。

相手を疑っている間は、

動きもタイミングもあわずバラバラなままだ。

動きをあわせることは、ひとを信じること。

演じている時間に、もうひとつのミッションを

持っていた。