【知らないことと、気づかないこと】

面接で最も怖いのは、何でしょうか。

失言や失態などの
失敗をすることだと思う人が多いはずです。

違うのです。

失言や失態は、まだいいほうです。

失言や失態を犯しても
「申し訳ございません」と謝れば、
取り返しがつくでしょう。

立て直したり繕ったりなどの
対策を採ることができます。

次から気をつければ、
同じ過ちを防ぐことも可能です。

まだ救いがあるのです。

では、本当に怖いのは何か。

”知らないことと気づかないことです”

「失敗であることを、知らない」

「失敗したことに、気づかない」

これが一番怖い。

失敗をしても、本人の自覚がなければ、
対策のしようがありません。

当然、面接では不採用になるでしょう。

失敗を知らなかったり、気づかなかったりすれば、
次も同じ過ちを繰り返します。

大切なことは、知ることと気づくことです。

誰かに悪い点を指摘されたときは、
腹を立てるのではなく、感謝しましょう。

「なるほど。教えてくれてありがとうございます」
―と感謝しなければいけません。

「知ることができた」「気づくことができた」
というのが、成長です。

ささいな指摘でも、就職活動の成り行きを決め、
人生に重大な影響を与えるかもしれないのです。

引用元:人生の教科書
HappyLifestyle

――――――――――――――

自分の悪い点を指摘されたとき
あなたはどう感じますか…?

凹んでしまう人
やる気がなくなる人
落ち込んで自信がなくなる人
むかついて怒る人

いろんな人がいるでしょう。

でも誰しも心の片隅で「いけないな」
と感じているのです。

ただ、素直に認められなかったり
悪いところばかりに目がいき自分を
責め続けてしまうのではないでしょうか。

もし周りに自分のことを叱ってくれたり
悪い点を指摘してくれる人がいたら
その人を大事にしてください。

その人は自分を知る
きっかけをくれる人です。

小さなことでも指摘してくる人は
それだけあなたのことをよく見てくれている人です。

アドバイスをしてくれる人は
あなたの成長を期待している人です。

指摘されるとき、叱られるときは
確かに落ち込んでしまうかもしれません。

しかしそこから逃げるのではなく
向き合いましょう。

(※理不尽に叱ったり頭ごなしに
指摘してくる人などいたら周りにヘルプしましょう!!)

きっとあなたはいい方向に成長できます。

**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp

**********************