こんばんは
今日はカリキュラムでも何度か実施した【障害者雇用のメリット、デメリット】について復習も兼ね、お話ししたいと思います。

改めて。
障害者雇用でのメリットとデメリットはなんでしょうか?
はっきり申し上げて…
メリット、デメリットは本人の障がい特性やスキル、考え方次第であるといっても過言ではありません。

【障がい者雇用とは?】
仕事上、障壁となってしまう苦手部分を伝え理解(受け入れてもらう)頂いた上で雇用契約を締結することです。

【メリットは?】
〇自分に適した作業環境で仕事が出来る
〇障壁となることを回避する
〇ジョブコーチ支援、その他サポート(支援)を受ける事が出来る
〇事前に作業環境を調整など可能(企業による)
〇社会参加できる
〇精神科など通院の配慮が受けやすい
〇服薬や体調不良時の対処法の理解があり、体調は安定しやすい
〇精神的ストレスが軽減される
(障害者と告知している事で、できる、できないが明確になり、配慮が受けやすくなります)

●『障害者差別禁止法』が施行され、様々な面で障がいを理由に解雇や減給など認められない事になっています。

【デメリット】
〇業種や職務など求人が限られる
〇正社員雇用求人が少ない(長野県の傾向)
※身体・精神的なストレスや責任感が比較的少ない『パート就労』から契約更新し、キャリアアップする方も多い
※業務に慣れてくると、正社員と同じ作業、責任を任される人もいらっしゃいます。
(その一方で生産性や技術面(技量)から、キャリアアップが困難と判断されることもあります)

※自身に「障がいがある」と受容できてない場合、逆に精神的ストレスを受ける方もいらっしゃいます。

ちなみに一つの求人票につき、障がいをオープンにするか、クローズにするか?をご自身で決めることが出来ます。

迷うときはハローワーク窓口で相談してみて下さい。
企業を知る職員さんから適切なアドバイスが頂けると思います。

もちろん、ワンズのメンバーの場合は障害特性を踏まえ、求人票から様々な情報を汲み取りアドバイスを行います。
障がいをオープンするのであれば、面接に同席しワンズでの実績や成長面、特性など必要な場面があればサポート致します。

**********************

ワンズは「あなたのやる気」を責任持って本気で考え、応援します!!
お電話でも、メールでもWEBでもどうぞお気軽に!
就職活動前の相談も受付けております(*’▽’*)
ワンズがチカラになります。

メール contact@wands-co,jp
電話 0268(71)6505
WEB https://www.wands-co.jp