【体内時計の時刻合わせ(*゚ー゚)v♪】

【体内時計の時刻合わせ(*゚ー゚)v♪】
慣れない生活、、、(* ̄□ ̄*;
会いたい人に会えない、、、┌|゚□゚;|┐ガーン!!
フラストレーションMAXっって方・・・
ふだんは適度に距離があった家族が
長時間、家に一緒にいるので
きっつい・・(゚_゚i)タラー・・。っという方・・・
そんな
“コロナ疲れ”から生じる
いわゆる“コロナうつ”という言葉を聞くようになりました(*’0’*)ツ!!
宗未来先生(東京歯科大学准教授市川総合病院の精神科医師)によると
“体内時計”がスムーズに働くと私たちは
心身共に心地よさを感じるように
できているのだそうです
逆に乱れると多岐にわたって心身の状態が悪化☆<( ̄□ ̄;)>☆
そして体内時計は・・・
時計なのにすぐに狂うという困った習性を
持っているので時刻合わせが重要なのだそうです
心穏やかに生活するためには(●~▽~●)
体内時計の時刻合わせがキーとなるようです
そこで・・・時刻合わせのための・・・
具体的な4つのポイントをご紹介φ(。。;)メモメモ
1:睡眠 ( u _ u ) クゥゥゥ。o
◆毎日同じ時間に寝起きする。
◆昼寝はできるだけ避ける。
◆夜間にブルーライトなど明るい光を
浴びるのは避ける。
2:食事 (*^Q^)c[]
◆毎日同じ時間に食事をする。
食欲がなくても時間が来たら少量でも
口にする。
◆アルコールも時計を狂わせるので
飲み方には要注意。
睡眠の深さが失われるので寝酒は厳禁。
昼酒や飲み過ぎはうつの原因になることも。
3:運動
◆毎日、できれば同じ時間帯に運動。
3密を避けて一日一回は外に出て体を動かす。
4:日課
◆洗顔や歯磨き在宅での仕事や勉強など
毎日行うものは同じ時間に行う。
◆外出できないときでも少なくとも2時間は
窓際で過ごし太陽の光を浴びて心が落ち着く 時間を持つ。
先の見えない持久戦になりそうです
“大切な自分を守る”には、
こころのコンディションづくりが大事です。
ストレス下であっても体内時計を正確に
働かせることが気分の安定に役立ちます
**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲
週一通所の努力から
その頑張りを就労へ
ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります
長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 ワンズネクスト
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA