【大学教育と発達障害】

【大学教育と発達障害】
大学は人生における重要な転換期
 大学生時代は保護者のもとで教育を受ける
立場から自立した社会人への移行期
 この時期
社会で生きていくためのスキルを
身に付ける時期でもあります( ͒ ु•·̫• ू ͒)
 社会で生きていくスキル・・・
 多くの学生にとって難しい課題であり
 発達障害のある学生では
とりわけ困難に直面しやすいと言われています
 例えばADHD
(注意欠如・多動性障害)の様子
 ★90分の講義で集中し続けることが難しい
 ★実験や実習の授業で指示を聞き間違えたり
 聞き逃したりすることでミスが多くなる
 ★課題や提出物の期限を忘れる
 ★提出物をなくす( ꒪⌓꒪)
 ★課題や試験勉強を計画通りにできない
 ★遅刻が多いヾ(。>﹏<。)ノ゙
 ★財布や携帯電話などの貴重品をなくす
 ★周囲からだらしない、あてにならないと
 いった評価をされる٩(๑´0`๑)۶など
 大学生になって初めて生活や学習上の困難を感じて、
一人悩んでしまうことがあります(。ŏ_ŏ。)
 独自の特性、癖などを持ちながら、
 社会の中でどう生きていくかなどが重要な視点です
 在学中は大学のカウンセリングセンター等が
 相談の窓口になっています
  一人で悩まないで・・・(◍•ᴗ•◍)
**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲
週一通所の努力から
その頑張りを就労へ
ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります
長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 ワンズネクスト
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA