【ヨガ講座】 | 就労移行支援事業所ワンズ

【ヨガ講座】
みなさんこんにちは
東京オリンピックが延長決定
になり一年がたちますが、
開催について賛否両論あり
動向が気になりますね。
観客側の気持ちと開催側の気持ち
そして選手の気持ちなど様々な立場が
混ざり合いながら安全を第一に考えて
決定していくのはなかなか難しい事ですね。
ちなみにみなさんは何かスポーツを
した経験はありますか?
私は中学、高校の途中までは
バスケットボールをしていました。
身長が低いので監督からよく
「上からボールを投げるな」と
怒られたものです。
試合に勝てばうれしいですし、
負けたら悔しかったりと競い合う楽しさも
あればプレッシャーもあるのがスポーツの
特徴ではないかと思います。
ではヨガはスポーツだと思いますか?
体を動かすという点では
スポーツと言っていいような気がしますね。
ただしスポーツと大きく異なるところは
ヨガでは「競う」という事をしません。
何人かでマットを並べて同じポーズをとると
どうしても隣の人の姿が気になったり
柔軟性や筋力を比べてしまいそうになります。
そして以前はもっと体力があったのに…
などと過去の自分と競うことも
あるのではないでしょうか。
もちろん仕事や日々の生活の中にも
そんな場面があることと思います。
ヨガには「今」を大切にする教えがあります。
今の自分にできることをやること。
そして今の自分にOKを出すこと。
外側が決めた判断で自分をジャッジ
しないことを説いています。
もちろん仕事やスポーツ
日常生活で競い合う場面も出てきますし
それもたいせつな事です。
その大事な一場面で力が最大限に
発揮できるように「競わない」時間も
大切にしていきたいですよね。
競い合うとき、人は力がはいっています。
上手に力が抜ける時間を持てるように
簡単なヨガのポーズを紹介します。
・椅子を用意して仰向けになります
・腰の下に枕を入れてふくらはぎを
椅子の座面にのせて足を高くします
・無理ない角度で腕を挙げてバンザイし
気持ちよく胸を開きます。手のひらは天井に向けて
・お腹と胸に新鮮な空気を送るように深呼吸します
・3分~20分心地いいなと思う時間でOKです
※足の高さは腰に負担のない高さで◎
枕を腰の下に置いて少し腰を反らせるだけで
腰周りの筋肉もストレッチされます。
自分自身を大切にする時間を持ち
心置きなくスポーツを楽しんだり
観戦したりする日々が早く訪れます
ようにと願っています。
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲
週一通所の努力から
その頑張りを就労へ
ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります
長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 ワンズネクスト
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA