「第2回ひきこもり家族教室」 | 就労移行支援事業所ワンズ

「第2回ひきこもり家族教室」
12月4日(金)午後1時30分~
ひとまちげんき・健康プラザうえだにて
「第2回ひきこもり家族教室」が開催されました。
今回、ワンズスタッフが講師として参加。
≪ひきこもり≫の定義とは?
仕事や学校に行けず家に籠り、
家族以外とほとんど交流がない人の状況を指します。
厚生労働省では、こうした状態が
≪6ヶ月以上≫続いた場合を定義としています。
昨年、内閣府が中高年層を対象にした
ひきこもりの調査を行ったところ
自宅に半年以上閉じこもっている
≪ひきこもり≫の40~64歳が
全国で推計61万3千人いるとの調査結果。
7割以上が男性で、
ひきこもりの期間は7年以上が半数を占めたそうです。
15~39歳の推計54万1千人を上回り、
ひきこもりの高齢化、長期化が鮮明になりました。
最初から望んでひきこもりに
なる方はいないと思います。
それでもこれだけ多くの方が
ひきこもってしまっているのが実情です。
今回の講話は、
“ひきこもりを防ぐ”という視点ではなく
“ひきこもりから抜け出したその後”
について話をさせて頂きました。
親や身内がチカラになれる1つの方法として
何かしらの≪きっかけ≫で
ひきこもりから抜け出した後、
その先の選択肢を
“いくつも”用意しておくこと。
自分で決めて進めるのであれば
問題ないのですが、
どこに進んで良いのかを悩む方もいます。
用意しておいた選択肢から
自らが選択し、そして進んで行く。。。
自立するための1歩なのだと思います。
**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
週一通所の努力から
その頑張りを就労へ
ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!
「あなたのやる気」を本気で考え応援します!
お電話でもメールでもWEBでも、
ポップな元気でお気軽にお問い合わせください(^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります
長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 ワンズネクスト
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA