【令和2年度地域別最低賃金改定状況】 | 就労移行支援事業所ワンズ

【令和2年度地域別最低賃金改定状況】

10月に入り
全国的に最低賃金が変更となり
7都道府県を除き全国でアップ!!!

長野県は・・・
848円から849円と1円アップ(^_^)/

全国平均(加重平均)は
901円から902円となりました。

全国データでみますと
(最低賃金が高い順)
1位 東京  1013円
2位 神奈川 1012円
3位 大阪   964円

逆にワーストは792円で
秋田/鳥取/島根/高知/佐賀/大分/沖縄の7県

ワーストと東京との差は221円と
かなりの差があります(>_<;)

また長野県の
849円という数値ですが
47都道府県でみると
最低賃金が高い順で”17番目”

意外に上位なんですね(^^)/

さて、ここで1つの疑問

「地域別の最低賃金は
どのようにして決められているのでしょうか?」

厚生労働省のHPによると以下の通り▼

全国的な整合性を図るため、毎年、
中央最低賃金審議会から地方最低賃金審議会に対し、
金額改定のための引上げ額の目安が提示され、
地方最低賃金審議会では、その目安を参考にしながら
地域の実情に応じた地域別最低賃金額の改正のための
審議を行っています。

また、地域別最低賃金の決定基準は
(1)労働者の生計費
(2)労働者の賃金
(3)通常の事業の賃金支払能力

上記を総合的に勘案して定めるものとされており、
「労働者の生計費」を考慮するに当たっては、
労働者が健康的で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう
生活保護に係る施策との整合性に配慮することとされています。

なるほど…

と言いつつ完全理解は出来ませんっ(>_<;汗)

また、最低賃金ですが実は2種類あります。
①地域別最低賃金
②特定(産業別)最低賃金

「特定(産業別)最低賃金」は、
特定の産業について設定されている最低賃金です。
関係労使が基幹的労働者を対象として、
「地域別最低賃金」よりも金額水準の高い最低賃金を
定めることが必要と認める産業について設定されており、
全国で228件の最低賃金が定められています
(令和2年9月1日現在)

特定最低賃金は、
適用対象となる労働者などをそれぞれ詳細に定めています。
詳しくは、都道府県労働局
またはお近くの労働基準監督署にお問い合わせください。

**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!
「あなたのやる気」を本気で考え応援します!

お電話でもメールでもWEBでも、
ポップな元気でお気軽にお問い合わせください(^^)/

ワンズは全力であなたの『チカラ』になります
長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 ワンズネクスト
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp
**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA