【運転免許は立派な就活ツール】

河原?です。

ここはワンズの事業所から自動車で10分ほどの千曲川・・・。わたしたちのまちを流れる千曲川。この名は、日本一長い川として知られる信濃川の長野県内えでの呼び名なんですよ。全長は367キロの信濃川のうち、実にその半分以上を千曲川が占めているんです。海からは遠く、高い山々の雪解け水が注がれる千曲川流域。私たちワンズにとっても馴染みのある河川。

・・・

えーっと、本題です (^^;
なぜにして河川?

はい。

実はワンズに通所しているメンバーさんの数名には、自動車の免許は取得しているけど、自動車の運転への苦手意識が高く、日頃、公共交通機関で移動されている方がいます。

運転免許は実は就職する為の強いツールでもあります。折角免許があるのにもったいない!ワンズの就労応援プログラムの中には、この様なメンバーさんの為に「自動車運転レッスン」も用意されています

苦手意識の殆どは
空間認知の弱さと深視力の不慣れから。

・・・、発達障害や精神疾患がある場合、これらが健常者よりも凸凹する場合があり、それが原因で自動車運転の苦手意識へつながる傾向が見られます。

苦手を得意にする事は出来なくても、普通にする事はトレーニングを積めば出来る。自動車の運転センスって、実は運動神経以前に、車のサイズを脳と一体化できるかがポイント。車両と同体化させるイメージレッスンが有効なんですね。運転している自分自身が脳の役割を果たし、ボディーそのものは自分の身体と思えるイメージ。これが伴うと、バックや車庫入れからの苦手意識が薄れるのですね、、、っとワンズの代表。

千曲の河原での特別教習・・・
前々回を合わせ、あと12時間ほどを予定します。このお二人のドライビングテクニックをレッスンしているのは、、、ワンズの代表です (^^;実は我が代表、大型免許やバス、あの長~いトレーラーなどの運転免許を保持していて、運転が特技の一つと言えるほどお上手です。だから、教え方もとても分かりやすい。

就労移行の使命、、
折角もっているツール(免許や資格や経験)の最大化。うちの代表の口癖の一つでもあるんです。日頃、関連会社や新しい事業所などで忙しくしています。その間を縫ってワンズの現場のヘルプにも入ってます。とても熱い代表。熱すぎる時もありますが 💦

チームワンズ。
一人でも多く、メンバーさんの満足を創ります。そう、メンバーさんのウォンツは「働きたい」これを実現する支援。頑張りますね (^^)/

*********************************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援

(週一通所の努力から)
(その頑張りを就労へ)

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/ ワンズが全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp