【薬について①】

発達障害は生まれもった
脳の機能はたらきによるものです。

お薬で治せる疾患ではありません。

しかし、お薬でその特性の症状を緩和
改善させることができます。

ADHDはドーパミンと、アドレナリンの働きを
低下することが原因のひとつと言われています。

不注意や多動性・衝動性の症状に
次の2種類のお薬が効果的です。

①ストラテラ

②コンサータ

今回はストラテラについて説明しますヽ(´ー`)ノ

―――――――――――――――

【ストラテラ】
一般名は「アトモキセチン塩酸塩」

その効果は集中して物事に取り組めるようになったり
雑音が気にならなくなる。
スケジュール通り行動ができるようになる。

―など。

脳内の神経伝達物質に働きかけ不注意、衝動性、
多動性の症状を改善します。

ストラテラは効果が安定するまでに
6~8週間と時間がかかりますが、
依存性がないため乱用されることがなく
規制もされていません。

半減期(薬が代謝されて血液中の濃度が
半分になってしまうまでの時間)は短いことから

理論上は1日2回の内服を必要としますが、
実際には1日1回の服用であっても同等の効果を示すようです。

つまり、ストラテラの特徴は半減期が短い割に
終日にわたって効果が持続するところにあります。

18歳以上の大人である場合
服用量は40㎎から開始します。

1週間以上間をあけて1日80mgまで増量し、
最大量は1日120mgまで。
服用は1日1回でも2回に分けても大丈夫です。

またカプセル薬以外に液体状の薬もあります。
カプセル錠が苦手な方は医師に相談してみるとよいでしょう。

【副作用】

・心拍数が上がる
・血圧が上がる
・不眠
・眠気
・めまい
・悪心
・イライラ・攻撃性が上がる
・口が渇く
・吐き気・嘔吐
・腹痛
・食欲減退
・排尿障害
・発汗(異常に汗が出る)
・性機能障害(性欲減退、男性では勃起不全

などがあります。
中でも悪心と食欲減退が
副作用として現れる方が多いようです。

副作用がでるのは服用し始めた最初の頃が多く
飲み続けていると副作用もだんだんと落ち着いてきます。

しかし中にはその限りではない人もいます。
副作用がずっと続くようであれば
医師に相談し服用量の調節やコンサータへの
切り替えなど自分に合ったお薬を出してもらいましょう。

**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp

**********************