ワンズブログ メンバー投稿

6歩目 「マジックアワー」

ワンズへ通い始め半年が過ぎた梅雨のころ
障がい者となった自分自身を受け止めきれない時間があった。

障がい者支援をしてきた私はその一線から外れ、支援を受ける立場にある。

障がい者であることは手帳を取得したときにわかっていたはず・・・。

それでも、仕事をしていたころを思い出すと、
障がい者支援の目線で自分自身を眺めていることもある。

そんなとき偶然にも、ともに仕事をしていた方の声を直接聞く機会があった。

障がい者支援の前線でいまも仕事をしているその方と、
障がい者として生活する私。

この差を直接、肌で感じたとき生じた、劣等感、焦燥感、敗北感・・・

どんな言葉で表現していいかわからない。
答えを曖昧にして受容してこなかった「私が障がい者だ」
ということを痛烈に感じた。

障がい者支援をしながらも感じていなかった障害への劣等感(レッテル)

「弱点(欠点)よりも強みを活かす」

この意味合いの言葉は、デキルモノがデキナイモノへ支援という名の
擁護を押し付けていた。そんな私の今までを問う時間だった。

私は歩みをとめワンズへの出勤することをやめてしまった。

⇒NEXT⇒