【可能性を探るために】

障がい者手帳を持っている方
障がい福祉サービスは「自分」で選ぶんです。

でも
選ぶための「選択肢」が
どんなものがあるか
どんな違いがあるのか
どうやって選べば良いのか

これらの情報を知らなければ
「選択」はできません

私たち支援サイドが「選択」出来るように
「情報伝達することを工夫」する
それが支援と思っています。

療育手帳の方は
福祉サービス選択時
大抵の方は「わかりません」とか
「〇〇さんが言ったので良いです」とか
自分の「意思」が時に抜けてしまいがちな事があります

社会経験が無ければ無いほど
「課題」はあがります

ある断片的な部分だけを見て
「社会で働ける」
「社会では働けない」と判断できません
いや、してはならないのです。

ひとりの可能性を探るために
ワンズに来て一般就労が
「できそうなのか」
「出来るけど2年以上期間が必要か」
「できないのか」

そこを判断するという
選択肢を関係者より
提案された方もいらっしゃいました

そんな理由でワンズに
期間限定で来てる方がいらっしゃいます。
要するに「就職できる方か」
「就労移行は必要か」「困難か」
ジャッジするために…

様々な作業を
室内で沢山チャレンジしてもらいました。
すぐドロップアウトでも良し
「合わない、苦手」と
分かる事が必要なので
できたとかできないで落ち込むことはありません。

この日は駐車場の整備作業
いわゆる「身体を使う仕事」です

道具の扱い方
人と同じことをするという「協力姿勢」
「相談しながら進める」ということ
「器用さ」「集中力」「理解力」
「指示を受け入れられるか」
「イレギュラーへの対応」
「工夫の有無」など

そんな視点を持ち様子をみます。

いい仕事、してます。
あとは「働きたい!」という意欲

失敗やトラブルでその意欲が欠落してしまう事もあるので、その状況を把握するためのヒヤリングもおこないます。

コンクリートブロックに張り巡らされた
カラカラに乾いたツルは一つ一つ道具で
剥がしていかないとトゲもあり大変でした。

こんな根気のいる作業。
じっくりと、そしてキレイな仕上がり。

働けますよ、100%
良いトコロ、山ほどみつけました!!
課題は仕事とは別のところにみつけました笑

可能性は多角的な視点で見ていきたい。
それがワンズです

**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!
お電話でもメールでもWEBでも
お気軽にお問い合わせください(๑ ˙˘˙)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp
**********************