【感覚過敏・感覚鈍麻】

メンバーとよく話題にあがるのが就職スキルと同時に

「体力をつけたい」

「もう少し体調の波が穏やかになるといい」

ということです。

発達障害の人の中には感覚過敏といって

日常生活に支障をきたすほど

光や音、気温や気圧の変化などを

察知してしまうことがあります。

ワンズメンバーの中にも

音に敏感な方が数名います。

数メートル離れているところでの小さな声も

しっかりと聞こえており、ふと離れた位置から会話に

参加してくるYさん(笑)

また、音を拾いすぎてしまうタイプのTさん。

何も対策していないときはたくさんの音を拾い

疲れて休んでしまうこともしばしば…。

個別課題中はヘッドホンやイヤホンを装着し

外界との音をシャットダウン。

しっかりと集中して課題に取り組んでいます。

一方で感覚過敏とは反対の感覚鈍麻の傾向が

強い人もいて、体調悪化に気づくのが遅れてしまって

重症化することもあります。

気温の変化に鈍麻だと

だいたいの人が「今日は暖かい日」だと感じる日。

昨日の気温が低かったためフリースのパーカーを着て

汗がだらだら。しかし本人は気づかない…なんてことも。

いずれにしても状況の変なを適度な形に

調整して必要な刺激を受け入れ、

不要な刺激は受け流すことが大切です。

これもメンバーと話題になるのですが、

体調が良いときは多少調整ができたり

体力をつけるとだんだん改善してくることが多いです。

少しずつ日常生活の中に運動を取り入れたり

自分はどっちのタイプだろうと振り返ってみると

自分の暮らしに変化があるかもしれません。

**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでも、ポップな元気でお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp

**********************