【企業を知るシリーズ】
~東郷堂 常務 鈴木 永さま~

上小圏域と言われるこの地域から、菅平や青木までおおよそ35,000世帯、各種新聞とチラシ、週刊うえだなど配布し統括されている、皆さんご存知の企業さんです。

昨日の報告です

企業を知るシリーズでは珍しく
「新聞」を中心として
「生きづらい世の中を生きていくには」

ひろい人生観
鈴木さんが経験してこられた事

東郷堂さんの求める人財と
活躍し続ける、働き続けてくれる従業員さん
色んな例をあげてお話し下さいました。

皆さん興味深かったのは

コミュニケーションについて
声に出して「伝えること」の大切さでした

人とコミュニケーションを取りたい時

一番大事なことは、
口でコトバに出して伝えること

でも普段から訓練していないと
中々出来ないですよね

と鈴木さん。

ワンズみたいな環境は、否が応でも
「おはようございます」から始まります

慣れてきて講座に参加した際には
そんな「コトバに出す」
なんて機会は多くなります

ワンズなど事業所を利用してない方は
どうしたらいいでしょうか?

それは
『新聞』を声に出して読んでみることだそうです。

世の中の考え方は?
自分の考えていることとどう違うのか?
それを知って、自分はどう思うのか?

伝えなくてもいいんですって

自分がその記事についてどう思うかが大切であり
そして「どう思う?」と投げかける事で
コミュニケーション力を高める事に繋がるそうです。

基本的な新聞の知識として学ぶ事もできました

4つの新聞社の記事を比較して
一つの記事への書き方をみてみたり(*´∀`)

専門家の視点はやはり新鮮です
ポイントを絞って記事に触れたり
経営者側の思いをダイレクトに聞くと
ココロは動かされますね

最後に
今の生きづらい世の中を、そうで無くしていく
一つのコツとして鈴木さんから伝授がありました

『自分の意見は必ずしも
世の中に受け入れられるものでは無い』

と解釈しておくこと

そして

『仕事は続けることが大切』である
『自分から働いてみたい気持ち』があること
『要領がいいより、慣れることに重きを置くこと』

それは
世の中に流されないために大切なこと

そのためには
言葉の数を増やし
世の中の流れを知ろう
自分の意思、意見を持とう
「どうして?」という観点から知識を得よう

そんな話で締めくくられました
皆さんの胸に響くお話し
ありがとうございました!

メンバーより(おふたりより)
○本当に共感するところが多く、ためになる話が聞けました。
○ワンズにある新聞、積極的に目を通してみます
など
**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!
お電話でもメールでもWEBでも
お気軽にお問い合わせください(๑ ˙˘˙)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp
**********************

もっと見る