【勉強会という名の視察】

昨日は都内は雨。代表と一緒に都内へ出張です。「翔和学園東京本校」そこは発達障がいのある方達の「社会で生きていく力」の学習、そして最終的にはジ自立する為の就職サポートも行うところ。

中野坂上の駅を降りてすぐ。街なかで緑が多くとても良い環境の中にある校舎でした。

園長先生からとてもとても熱いメッセージここで行われているサポートは「生きるちから」

大学生チームの授業を見学させて頂くと
近々行われる合宿の食事計画!
パソコン(PWP)を開き、他の生徒はメモを取ったり、本を用いて自分で調べ提案する。
企画の時間でした。
昨年の活動の写真を拝見すると、とてもスケールが大きく「壮大な体験」が今後実施されそうな予感。生徒達はテンション高め♡

凄かったのはギフテッドチーム
小学生の授業です。
IQが130以上のクラスでした。
アスペルガー症候群とされているIQが高い子ども達の集まりです。
驚く程の高レベルの事をディスカッションしてます。
簡単に言うと、小学生が話したり理解する内容ではありません。
自由な発言OK!先生もすぐ答え、端的にわかり易く説明してらっしゃいました。

例題が、叱責や注射など例に出し痛みなどの嫌な体験は脳内のセロトニンの仕組みがどのようにして受け止められるのか……
小学生と思えぬ高度な授業内容
そんなごく一部の授業をほんの少し観させて頂きました。
凄かったですし、ワクワクしました。
中学生クラスも印象は「みんな楽しそう*ˊᵕˋ*♪」
ワンズもそうでなければなりません。
クールな厳しさも必要ですが、通う楽しみや実践できる喜びが根底にある事業所でワンズもありたいと思います。

個別の時間を大切にされ、少しずつ集団へ移行できるようにしたクラス作りやクールダウンする部屋もありました。

印象は卒業生の活躍
先生として、学校職員として本当に立派に仕事されてる方が多くいらっしゃいました。
この学校では「働きたい」という気持ちを在学中に生むことだそうです。

障がいある高校生、大学生はすぐに「就職」をイメージすることが多い現実。
ここで子どもの頃にするような様々な経験を多く提供することで、今デキルことや特化していることを学校で見出すことで、働くベースを創るのだそうです。

 

沢山のお話しを頂戴し、今後の展望も伺う事で長野校の発展や今後の取り組みに期待したいと強く思った時間でした。「ワンズさんの様な移行支援事業所さんとなら、何か一緒に取り組みたいですね」と園長先生から嬉しいお言葉。
なんと、熱血園長先生が
ワンズの講座に来て下さることに!
日程は改めて調整します。

企業で活躍できる人財の創出が多く、定着率も高い成果を出し続けています。
働いている卒業生に何人も挨拶頂き、目に見える成果を感じてきました。

ワンズも感化されました。
背中も押された気持ちで頑張りたいと思います。

**********************
発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
特性を活かした「就活」を支援
✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲✲

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ

ワンズは週一出勤(通所)からのステップアップ!「あなたのやる気」を本気で考え応援します!お電話でもメールでもWEBでもお気軽にお問い合わせください (^^)/
ワンズは全力であなたの『チカラ』になります

長野県指定 障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話  0268-71-6505
WEB  https://www.wands-co.jp
**********************