発達障害はその特性を強みに
精神障害はその配慮を大切に
それぞれの特性を活かした就活を支援

・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*

(取材)

こんにちわ。
久々に代表が投稿しています。
昨年の暮れ頃からメディアさんの取材が数件頂いています。

信濃毎日新聞社さんや地方誌さん、他、テレビ信州さんなど、ワンズの取り組みに興味を持って頂いており、とてもありがたさを感じているこの頃です。

就労移行支援事業所は障がい者福祉サービスの最終出口。一般企業と福祉とをつなげる架け橋的な存在です。
実は障がい者福祉の中でもその存在は意外と知られていないカテゴリです。
ワンズは県内の就労移行支援事業所でも一歩先を行く事業所。

メディアさんからはそこをフォーカスして頂いている様ですが、この様に取り上げて頂く事で
「就労移行支援事業所」とは何をしているところなのかを広く知って頂けることは、障がい者福祉全体にとって、とても良い事だと思います。

昨日もローカル誌さん(東信ジャーナルさん)から取材がありました。
その際に撮って頂いた画像がコレ♬

ワンズのレギュラーメンバーです。

ワンズ上田の事業責任者は、長野県内の障害者就業・生活支援センターで長い期間に渡りその第一線で奮闘してきた、いわば就労移行のプロ。この画像の中で「N」を持つ女性です。
時には厳しく時には母の様な優しさで、ワンズへ通勤(通所)されているメンバーさんを応援しています。

ところで「障害者就業・生活支援センター」って?
はい。少し説明しますね。

障害者就業・生活支援センターは、
障害者の雇用促進等に関する法律に規定されている事業です。全国に330センターがあり、厚生労働省や都道府県から委託されています。

長野県内には各福祉圏域に10センターが設置され、労働局・ハローワークをはじめ、行政機関、就労移行支援事業所等の福祉施設、区市町村障害者就労支援センター、障害者職業センター、医療機関、特別支援学校等の関係機関と連携しながら、障害のある方の就労支援と、企業への雇用支援を行っています。
詳しくはワンズのホームぺージにリンクがありますのでそちらをご覧ください。

ワンズスのタッフは、この女性部長を筆頭に精神保健福祉士・社会福祉士・幼稚園教諭・人財育成会社の出身者・信州大学卒のパソコンの達人などから構成されています。

それぞれの経験も豊富!
和気あいあいとしながらメンバーさんの頑張りをしっかり支えています。レギュラーメンバーだけではなく、外部講師陣の多さも自慢の一つ♬

来月からは待望の「DTPデザイン講座」も始まります

希望されるメンバーさんへ個別指導のスタイルで。ワンズの特徴は福祉事業所と言うよりも~就職する力を得る「予備校やカルチャーセンター、人間力を高める為のトレーニング」などなどがコンビネーションした「会社を模した福祉サービス事業所」そんな感じでイメージされてみて下さい。

もちろん医療機関さんや行政機関、福祉機関との連携はとても大切。関連する各機関とも密にしながら、地域の社会資源として頑張っています。

ポップな元気でお気楽に♬

***********************

週一通所の努力から
その頑張りを就労へ
ワンズは週一出勤(通所)からステップアップ!
「あなたのやる気」を本気で考え応援します!!
お電話でもメールでもWEBでもどうぞお気軽に!
ワンズはあなたの『チカラ』になります
障がい者福祉サービス 事業所
就労移行支援事業所 オフィスワンズ
上田市常田35-6
メール contact@wands-co.jp
電話 0268(71)6505
WEB https://www.wands-co.jp