〜社会で働き、収入を得て納税者の一人となる〜

皆さんご存知でしょうか。
日本には「給料」ではなく、月1万円以下や1万5千円ほどの「工賃」と言われる最低賃金を大幅に下回る収入と障害基礎年金や生活保護を受給し生活している障がい者が多くいらっしゃいます。

一般社会で働ける障がい者はどのくらいいるのでしょう?
人の可能性はデーターでは導き出せません。
社会で働き、収入を得たらどんな可能性が広がるのか。
企業で働く喜びを得る事ができたら。
給料をもらい納税者として社会人になれたら…
何ができるでしょう?
きっと世界が広がると思います。
では企業は、社会は何ができるのでしょうか?
企業や社会は「人を育てる場所である」
障がいのある人に限らず「新入社員」は会社で育ちます。たくさんの経験を積みながら力をつけ、会社に貢献する一員となります。
障がいのある方も平等に「社会を支えるひとりの労働者」として活躍するヒトを育てる就労移行支援事業所でありたい。とワンズは思っています!
今の生活に満足していない。
何か変化を起こしたい。
自分の可能性に掛けてみたい。
自分は長い間、A型,B型事業所で頑張っている。
できる事がたくさん増えてきた!
自分はもう少し違うチャレンジをしたい!
私も会社で、社会で働きたい!
自立したい!
そんな夢を持っている方ももちろんワンズは全力で応援します!!!
(写真はイメージです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA